ハラスメントゲーム2話のネタバレ感想。テーマはセクハラ!余貴美子さん率いるバイト18名が一斉に辞める

スポンサーリンク

ハラスメントゲームはなかなか面白いです。次回予告を見た時からとても気になっていた今回の内容。オープン間近の店舗からパートさんが18人一気に辞めるという衝撃的なストーリー。余貴美子さん演じるバイトリーダーが率いてます。余さんの演技も注目!。

ハラスメントゲーム

スポンサーリンク

前回のあらすじ

ハラスメントゲーム1話は、以下の記事にまとめました。

ハラスメントゲーム1話のあらすじと感想。脚本は白い巨塔を描いた井上由美子さん
ネタバレあり。テレ東55周年記念特別ドラマ、ハラスメントゲーム。とっても豪華です。ハラスメントゲームの脚本は、白い巨塔を描いた井上由美子さん。そりゃ面白いはずですよ。主人公が唐沢寿明さんなのも納得です。あらすじと感想まとめました。

 

ハラスメントゲーム2話のあらすじ(ネタバレ含む)

2話の出演キャスト

おもな出演者は以下のとおり。

マルオホールディングス側キャスト

  • 秋津渉(唐沢寿明)
  • 高村真琴(広瀬アリス)
  • 矢澤光太郎(古川雄輝)
  • 小松美那子(市川由衣)
  • 丸尾隆文(滝藤賢一)
  • 水谷逸郎(佐野史郎)
  • 脇田治夫(高嶋政宏)

ゲスト出演

  • 大竹満寿子(余貴美子)

余さんはさすがの演技でした。

 

あらすじと感想

冒頭から、部下の高村真琴(広瀬アリス)のことを「マコリン」と呼ぶ秋津。この二人のやりとりは本当に笑えます。演じる広瀬アリスちゃん、なんだか吹っ切れて演技してます。上手!。

 

今回も要所要所で部下の女性のことを「先輩」と呼ぶシーンがあり、何度もクスッとなりました。部下から電話がかかってきて開口一番「どうした先輩?」などさらっと盛り込んで来るのが面白いです。しかも今回は2度も。携帯に登録してある部下の名前が「せんぱい」となっていたのも笑えました。私の中で今回一番のツボです!

 

いきなり辞める、でも理由は言いたがらないパートさん達に対し、秋津が適当な回答を繰り返しながらもしっかりと聞き出すというシーンがありましたが、唐沢寿明さんが演じると、いい加減さがいいスパイスになりみんなが話しやすくなる気がします。唐沢さんの演技がとても素晴らしいです!

 

今回は余貴美子さんが特別ゲストでした。余さん演じるパート代表大竹満寿子は本当に適役だと思います。

 

一連のスーパーでの出来事は、パートさんあるあるネタも多く楽しめました。秋津の奥さんの言う「女は3人以上集まればボスと手下ができる、ボスは強いようで情にもろい」というセリフには思わずうなづいてしまいました。年齢が上がれば余計にそうかもしれません。

 

今回も色々なハラスメントが出てきました。相手に不快感を与える世話焼きハラスメント「世話ハラ」を始め、「リスハラ(リストラハラスメント)」、「ジェンダーハラスメント」など。そんなのもあるんだ!世の中生きづらくなってきたなぁという感じです。まさか「あなた」「お前」が家庭内モラハラに当たるとは!会社での呼び方も女性に対し「君(くん)付け」「君(きみ)」はダメだとか。確かに今時は小学校でも性別関係なく「さん付け」です。

 

このドラマでは、こういった今時の世間の感じも垣間見えるのが面白い点だと思います。

 

 

秋津は、どうにもならないような困難な状況に陥っていても、堂々と「任せてください!」「僕が呼び戻します」「なんとかするよ」などというセリフを発します。言うだけでなく、本当に有言実行してしまうところも素晴らしい。

 

これは上司としては理想ではないかなと思います。今回の騒動も、結局は社長をよく思わない人物からの密告が原因だったのですが、誰だったかという点は社長には告げずみんながうまく収まるように最後持っていってくれて見ていて気持ち良かったです。

 

 

次回は斎藤工さんがゲストでイクメンパパを演じるそうで、今からとても楽しみです!

コメント