大恋愛4話のあらすじ&感想。尚の病気が進行し、それに対してとった真司の行動に涙

スポンサーリンク

大恋愛の第4話は、涙無しにはみれない内容。尚が患っているアルツハイマーという病が、どんどん形になって現れてきます。日常生活に影響がでるほどに。。

大恋愛

スポンサーリンク

前回のあらすじ

大恋愛、3話のあらすじは以下の記事にまとめました。

大恋愛3話のあらすじとネタバレあり感想。アドリブ多くてキュンキュンする
このドラマは切ないです。戸田恵梨香ちゃんの演技は上手ですし、ムロツヨシさんの演技は、いつもの笑わせるギャグは一切ない真面目そのもの。アドリブも多いとか。どおりで、自然な恋人のような感じなのですね。 前回のあらすじ 前回までのあらすじ&感想は以下の記事にまとめました。 大恋愛3話のあらすじ(ネタバレ含む) 出演キャスト おもな出演者は以下のとおり 北澤尚(...

大恋愛4話のあらすじ(ネタバレ含む)

4話の出演キャスト

おもな出演者は以下のとおり

  • 北澤尚(戸田恵梨香)
  • 間宮真司(ムロツヨシ)
  • 井原侑市(松岡昌宏)

 

あらすじ

とても苦しく、切ない展開でした。尚も、真司も、侑市も、みんな一生懸命に生きていて、相手を想い、想うからこそ、悩み、苦しみ、すれ違ってしまう、それがとても切なく感じました。

 

やかんに火をかけたままにしてしまったり、お風呂のお湯を出しっ放しにしてしまったり、少しずつ忍び寄るアルツハイマーの影に怯える尚がとてもかわいそうでした。

 

また、名前を間違えられながら、それに気づかないふりをする真司、名前を呼び間違えたのかもしれない、と不安になる尚、苦しく感じました。

 

尚が治療を受ける所を、患者さんに見られてしまい、クリニックにはキャンセルや、問い合わせが相次ぎ、ネットでもたたかれ、厚生省からは調査も受ける事になってしまいます。

 

不安を抱えながら、厚生省を向かう尚と母親を待っていてくれたのは、侑市でした。

 

侑市は、別の日に厚生省に来るように言われていたのに、尚のために、尚の状況をきちんと伝えるために、来てくれていました。

 

侑市は、尚の状況は、まだアルツハイマーになるとは限らない、仕事を続けた方が良い、と自分がすすめたが、尚は、自分が患者さんだったら、アルツハイマーの医師に診てもらいたいとは思えないから、と自分から診察をやめた事を、厚生省の調査員に伝えます。

 

それにより、これは問題視することではない、という結論に達し、尚はピンチを乗り越えます。患者さんには、手紙で状況をきちんと伝える事になりました。侑市が、調査員に話す姿は、冷静で、でも尚への愛情を強く感じるシーンでした。

 

母親からのお見合い相手と、結婚をすすめようとしますが、事あるごとに、尚を思い出してしまいます。また、真司も、尚にとって本当に必要なのは、自分ではなく、侑市なのではないか、本当に好きなのは侑市なのでは、と考えてしまい、言ってはいけない言葉を尚にぶつけてしまいます。

 

名前、間違えてたし、その言葉を聞いた尚の表情があまりに悲し過ぎて、何で今言うの、と思いながら、でも真司も、今まで我慢していたものが、溢れ出し、こぼれ落ちた瞬間でした。

 

言い合いになり、飛び出して行った尚は、待っていた侑市に、尚が必要だ、と言われますが、きっぱりと、自分は真司が好き、と伝え、自分自身の気持ちを再確認します。

 

真司のもとに戻った尚は、気持ちを伝えますが、真司からはまさかの言葉が返ってきました。これも尚の事を想っての言葉・・。重すぎます。。相手を想い、想い過ぎてしまい、先を読みすぎて、みんなが辛くなっている気がしました。これからまたどうなるのか、先が気になって仕方ありません。

コメント