僕とシッポと神楽坂4話のネタバレあり感想。心臓肉腫を患った犬のグリちゃんの話。

スポンサーリンク

僕とシッポと神楽坂4話は、犬のグリちゃんのお話。

難病の心臓肉腫をオペするのかしないのか?深刻な話でした。そして、それに着手した結果・・。

スポンサーリンク

前回のあらすじ

第3話のあらすじ&感想は以下の記事にまとめました。

僕とシッポと神楽坂3話のネタバレあり感想。尼子インター渚さんが芸者まめ福で出てた
僕とシッポと神楽坂、毎回冒頭はちょっと下ネタで始まります。深夜帯だからでしょうかね。尼子インターの渚さんが、芸者まめ福役で出てます。まったくの別人だったから気付かなかった。第3話も虹の橋のお話があります。 前回のあらすじ 僕とシッポと神楽坂、前回のあらすじ&感想は以下の記事にまとめました。 僕とシッポと神楽坂3話のあらすじ(ネタバレ含む) 出演キャスト おもな出演者は以下のとおり...

僕とシッポと神楽坂4話のあらすじ(ネタバレ含む)

4話の出演キャスト

おもな出演者は以下のとおり

  • 高円寺達也(相葉雅紀)
  • 加瀬トキワ(広末涼子)
  • 堀川広樹(小瀧望)
  • 徳丸善次郎(イッセー緒方)
  • すず芽(趣里)

 

あらすじと感想

コオ先生の元に手術の話が来るまで、飼い主さんは、いろんな動物病院を訪ねては断られてしまいます。それだけ、深刻な病気だったのです。

 

コオ先生は手術をしても成功率がかなり低いことが分かっていても、飼い主さんの希望を叶えてあげたかったので、あえて手術をすることを選んだのだと思います。

 

また、可能性が1%でもあるのであれば、その望みにかけてみたいという気持ちもあったのでしょう。

 

トキワさんも手術をやってほしいと思ったのは、自分のご主人のことも気持ちが被っていたからのようでした。

 

このような場合、果たして手術をしたほうが良いのか、他の先生のようにしないことを選択するのが良いのかは難しい判断だと思います。

 

しかし、今回は飼い主さんの強い希望があったからこそ、手術をしたこともあり、そのことに関しては飼い主さんも悔いはなかったのではないかと思いました。

 

残念ながら

手術の翌日に亡くなってしまいました。

 

実際の現場ではどうかわかりませんが、人間の場合は念書のようなものを書かされます。なので、基本的には手術が仮に成功しなかったとしても、それをあらかじめ納得のうえ、手術をするかどうか選択することになります。

 

仮に手術の成功率が高いと言われていても、どんな場合でも100%大丈夫とは言い切れないと思います。なので、不測の事態に備えておく必要もあるでしょう。

 

 

今回は飼い主さんの息子さんがネットにこのことを書き込みしたことから問題が大きくなってしまいました。

 

それでも最終的に良い方向に解決できたのは、やはりコオ先生の人柄ときちんと飼い主さんや動物に向き合っていたからだと思いました。

 

 

田代先生が言っていたように、獣医師の決断には年齢や経験によっても選択が変わってくるかもしれません。

 

飼い主さんはもし自分の希望通りにならなかったと場合は、動物病院を何軒も回ってしまうことになるでしょう。

 

 

ペットの動物たちは飼い主あっての家族の一員です。

なので、最終的な決断を下すのはやはり飼い主です。

 

 

動物病院ではそこで死んでしまう動物達もたくさんいると思います。

 

 

虹の橋の話が救いになっていますが、このような状況の時はやはり動物病院の先生方の優しい言葉は大いに救いになると思います。

 

 

「最後は穏やかで安らかな表情をしていました」という言葉は私も言われたことがあります。

私の家で飼っていたペットのウサギも病気になり、動物病院で息を引き取りました。

 

 

最後は見届けてあげられなかったことが悔いに残っていますが、それでも先生のこの言葉を聞けて本当に良かったと思っています。

 

もしあの時、コオ先生のように虹の橋の話が聞けていたら、私や私の家族のペットロスの症状もかなり軽くなったのではないかと思っています。

 

よいドラマでした。

コメント