相棒シーズン17の第4話のあらすじと感想。中野英雄がゲスト出演

スポンサーリンク

4話は面白かった!。組対四課の源馬の指揮の下、行われたカジノ一斉摘発から始まりますが、この源馬が怪しい・・。角田課長とは盟友ですが、このせいで、右京と角田課長の間に亀裂が入ります。

相棒シーズン17

スポンサーリンク

前回のあらすじ

3話のあらすじ&感想は以下の記事にまとめました。

相棒シーズン17、第3話のネタバレ感想。酒向芳さんの演技がヤバイ!
相棒シーズン17の第三話。森本レオさんが登場します。話題は辞書作成。編集では酒向芳さんが登場しますが、検察側の罪人で強烈な犯人役だった方です。何となく予想がつきます。。相変わらず酒向さんの演技が上手いです。 前回のあらすじ 第二話のあらすじ&感想は以下の記事にまとめました。 相棒3話のあらすじ(ネタバレ含む) 3話の出演キャスト おもな出演者は以下のとおり ...

 

4話のあらすじ(ネタバレ含む)

4話の出演キャスト

おもな出演者は以下のとおり

  • 杉下右京(水谷豊)
  • 冠城亘(反町隆史)
  • 青木年男(浅利陽介)
  • 角田係長(山西亨)
  • 源馬(中野英雄)

 

あらすじ

カジノに右京さんがいます。小さいことが気になる右京さんは、トランプのトリックに気づきました。

 

なぜ、カジノに右京さんと思っていたら、賭博捜査のお手伝いだったようです。組対四課の源馬の指揮の下、行われたカジノ一斉摘発でした。特命係もこういうのに役に立つのですね。

 

今回の摘発は、武輝会という暴力団の資金源にダメージを与えるために行われたようです。組対五課の角田課長とは戦友のような源馬ですが、右京さんは摘発を逃れた店があったのが気になるようです。

 

裏で手引きしている人がいるのではないかと調べ、源馬があやしいと思ったようです。捜査を続ける右京さんに角田課長は手を引くように言いますが、そんなことを聞く右京さんではありません。誰であろうと、許さない右京さんの正義は正しけど今回ばかりはその行動が心配です。

 

特命係に、生活安全部の百田と久我が源馬の捜査協力を要請してきました。冠城は、久我がキャリアであることが気になっている様子でした。源馬を調べ、情報源が和氣という「裏カジノコンサルタント」だということまでわかり捜査は進んで行きました。

 

捜査に協力する右京さんに、冠城は「角田課長は裏切れない」といい、角田課長側に。角田課長と冠城が離れてしまい、これから右京さんがどうなるのか気になり仕方ありません。冠城が右京さんに反抗するなんて、思ってもいませんでした。青木が、そのことを伝えた相手は衣笠副総監でした。青木は特命係にいながらも、衣笠副総監の味方なのでしょうか。まさか久我が衣笠副総監側の人間だったなんて。やっぱりキャリアなんですね。

 

源馬の違法捜査は、大河内監察官まで行ってしましました。

そして、源馬の情報源の和氣は、自殺未遂という最悪の結果に。助かって本当に良かったです。

 

右京さんがしたかったことは、こんなことなのでしょうか。角田課長は、組対にとって違法捜査は必要悪だと言いました。でも、右京さんから見れば、必要な悪なんてないのですね。このことで、角田課長との関係が壊れてしまいました。

 

源馬の処分が決まりましたが、右京さんにはまだ考えがあったようです。離れたと思っていた冠城は、この先の事を読んであの行動をとったようでした。さすが右京さんの相棒です。角田課長との関係を保ちながら、右京さんのことも信じているなんてすばらしいですね。

 

右京さんが疑っていたのは、百田の情報源のゲームセンターでした。たしかに奥のVIPルームは怪しかったですね。

 

源馬、和氣、冠城、角田課長が協力して今度はその店を摘発しようと考えました。VIPルームに潜入したのは、伊丹と芹沢でした。なんだかんだ言っても、こういう時は協力してくれるなんていい人たちですね。

 

ゲームセンターは、無事に摘発されました。駆けつけた百田は、この摘発に右京さんもかかわっていると知り、裏切られたように感じたようです。でも、裏切ったわけではなく、右京さんは最初からあやしいと感じていたのだと思います。

 

百田が電話していると、金づちを持った女性が近づいてきて百田を殴り殺しました。百田はやはり武輝会と繋がっていて、だから殺されてしまったのかもしれません。

 

カジノ一斉摘発が、こんないろんな事件に発展してしまうなんて思いもしませんでした。右京さんと角田課長の喧嘩、冠城の行動などドキドキすることが多くてどうなってしまうのだろうと心配しましたが、角田課長も最後はわかってくれたようです。右京さんと角田課長で、武輝会を潰して欲しいですね。

 

いつも通り特命係の部屋で、3人でお茶するところが見られて安心しました。今回も青木は少しだけお手伝いだけでしたね。青木は特命係にはなりきれないのでしょうか。

 

4話を観た感想

警察の中でも組織犯罪を担当する部署は、刑事が情報提供者に小遣いを渡すとか、軽微な犯罪を見逃すとかいった話は、昔からよく耳にします。それが本当にあるのかどうかはわかりませんが、ドラマの中ではそのような行為を必要悪と表現し、角田をはじめ多くの刑事たちが容認する雰囲気がありました。

それを警察ではなく、企業に置き換えてみると、近年、大会社の不正隠蔽が社会問題化しているのを思い出させます。それらの会社でも、やはり不正を必要悪という名前で処理していたのではないかと感じます。まるで日本社会の病巣を見せてくれているかのようなシナリオです。

 

普段温厚な角田が右京に対して怒鳴るシーンは緊張感と迫力がありました。しかし、むしろ彼の主張を堂々と跳ね返す右京の強さに感動します。

 

とはいえこういう人物が組織の中では疎まれるのですから、まさに出る杭は打たれるという感じです。これもまた日本社会の病巣という気がします。

 

ドラマ中、必要悪だと繰り返し主張されますが、悪の対義語は正義ではなく、善なのですから、必要悪を否定するのは正義ではなく、善です。責任を負って辞職する源馬に、右京が伝えたかったのは、自分の子どもだと思うほど可愛がった者を、正義面して悪の世界に導いたことが、親代わりとして善なのか、ということなのだと思います。少なくとも角田もそこが分かったからこそ、右京を許したのでしょう。

 

角田が最後、右京に対して「ついてこいよ」という感じのことを言いますが、右京の潔い「はい」という返事には、いろいろな含みがあるのでしょう。少なくとも手柄を多く上げているわけでも、切れ者でもない角田ですが、悪を憎み、警察を愛しする刑事として、右京も認めているということなのだと思います。確かに組織の中で面子ばかり気にして、権力争いに勤しんでいるような人たちよりは、はるかにいい刑事ですね。

 

もうひとり、冠城の判断は見事でした。

 

しかし札付きの彼が右京を見限ったとあっさり信じる人たちも、懲りないというか、どうかしています。とはいえ緊張感と事件解決への仕掛けを見事に導き出した演出であり、制作側としてはしてやったりという感じではないでしょうか。

 

さて特命課で残った青木ですが、いつもパソコンと向き合うだけで、彼は何をしているのでしょう。また衣笠副総監のところで、悔しそうに毒を吐いているシーンくらいしか見どころがありませんでした。

 

どんな形であれ、そろそろ活躍をして欲しいところですが、残念ながら情報戦以外での活躍は望めそうにないですね。彼にはもっと特命係に緊張感を与えるような毒が欲しいところです。

コメント