黄昏流星群5話のネタバレあり感想。どんどんドロドロの状況へ

スポンサーリンク

黄昏流星群5話。美咲(石川恋)の彼氏、日野春輝(藤井流星)を含めた泊りがけの家族旅行で、大暴走。春輝の真璃子(中山美穂)を想う気持ちが強くなっていく。どんどんドロドロの状況へ。

黄昏流星群

スポンサーリンク

前回のあらすじ

黄昏流星群4話のあらすじ&感想は以下の記事にまとめました。

黄昏流星群4話のネタバレあり感想。藤井流星と中山美穂がキス!ファンは悲鳴!!
黄昏流星群、4話になって、だんだんドロドロ関係になってきました。母親が娘の婚約者を好きになってしまう流れに、ファンでもは「気持ち悪い」という声と、ハマってる人の二極化に!。 前回のあらすじ 前回、黄昏流星群3話のあらすじ&感想は以下の記事にまとめました。 黄昏流星群4話のあらすじ(ネタバレ含む) 4話の出演キャスト おもな出演者は以下のとおり。今日は藤井流星くんが見どころ...

黄昏流星群5話のあらすじ(ネタバレ含む)

5話の出演キャスト

おもな出演者は以下のとおり

  • 瀧澤寛治(佐々木蔵之介)
  • 瀧澤真璃子(中山美穂)
  • 目黒栞(黒木瞳)
  • 瀧澤美咲(石川恋)
  • 日野春輝(藤井流星)

 

あらすじと感想

お父さんは海外で出会った女性と不倫して、娘はその若さで66歳で妻子持ちの大学教授と不倫して、お母さんは娘の婚約者のことを好きになってしまい、もう大変混み合っております。

 

娘はファザーコンプレックスで、お父さんのような年齢が好きなようでした。

実際にはお父さんよりもうんと上のおじさんを好きになってしまったようですが。

 

対する娘の婚約者はマザーコンプレックスで、母親のような年齢の、婚約者の母を好きになってしまいます。

 

ある意味でお似合いの婚約者同士という見方もありますが、結婚する前からお互いがお互いのことを愛し合っていない、そんな不幸な形はいかがなものでしょうか。

 

他に好きな人がいるんじゃないかと気づいている婚約者くん。

しかし、なにも気付いていない娘。

 

娘は婚約者くんの恋を知って、どうしてしまうのでしょうか。

母を好きになった婚約者くんと、結婚するなんていびつです。

 

私なら精神がおかしくなりそうです。

嫉妬もすると思います。

 

お父さんは、恋心が止まりませんね。

見ていてすごく嫌な気持ちになりました。

 

 

好感度の高い俳優さんなはずですが、感情移入も難しく、応援したいともなりませんでした。

あまりにものめりこみすぎて、戸惑いが大きい娘、母と違い、勢いだけですぐに冷めてしまいそうで、誰も幸せにならないんじゃないかと身構えてしまいます。

 

 

本当に自分勝手な人なのだと感じました。

一番の犠牲者は、この恋する栞さんです。

 

純粋に、控えめにおとなしく生きていたはすが、このようないびつに巻き込まれてしまうなんてかわいそうでなりません。

 

そして最後に、母は、秘めたる恋を楽しんでいるように感じます。

一番悪質な気がしました。

 

あんなに若くてイケメンに言い寄られたら無理もないかもしれませんが、今のこのシチュエーション、娘の婚約者だからという雰囲気にのまれているだけのように思います。

 

どこが好きなのか、一番はっきりしていないような、別にこの婚約者くんじゃなくても、恋する気がして、誰でもよかったと言いそうで、婚約者くんが可哀想です。

 

 

元はと言えば、お父さんが浮気するから、と言われれば、それまでですが。

 

こんな混沌とした状態で問題の旅行、しかも泊まりなんて、訳ありすぎて、ドラマでないとありえないのですが、前のめりになってみてしまいました。

 

これからよりドロドロとしていくのか、結局見逃せない自分と出会えます。
破滅していくのか、成熟していくのか、先が楽しみです。

コメント