相棒シーズン17初回のあらすじと感想。驚き!家一軒破壊する!!

スポンサーリンク

待ちに待った相棒シーズン17。初回からぶっ飛んでました。数字が取れるドラマだけに、お金の使い方が豪快すぎるんです。なんと家一軒を建てて壊すという、むちゃくちゃな回でした。

相棒シーズン17

スポンサーリンク

相棒シーズン17、第一話のあらすじ(ネタバレ含む)

テレビ朝日の大人気ドラマ「相棒 season17」が2018年10月17日から放送開始となりました。右京と冠城の特命係もついに4年目となり、さらにそこに3人目の特命係が加わって「新章」へと突入します。どんなストーリーが繰り広げられるのか今から楽しみですね。

 

さて、ここからはそんな「相棒 season17」の第1話「ボディ」のあらすじや感想(ネタバレあり)と次回の予想などをご紹介させていただきます。

 

感想(ネタバレあり)

資産家一族が起こした恐るべき完全犯罪…。

“3人体制”の特命係が疑惑の権力者に挑む。

 

鬼塚学園の理事長である鬼束鐵太郎(中田博久)が行方不明に…。

右京(水谷豊)は、鬼束はとっくに殺されていると確信しています。

 

ただ、その鬼束の遺体を発見できず、このままでは迷宮入りの完全犯罪に…。

 

鬼束の行方不明後に、国家公安委員を務める大学教授・三上冨貴江(とよた真帆)は、鬼束の行方不明後に邸宅を改築して、さらに離れ屋も建てていました。

 

右京は、鬼束の遺体はその離れ屋の下に隠されていると推理します。

しかし、国家公安委員の三上の家を捜索、ましてや離れ家を壊すとなると逮捕状が絶対に必要になります。

 

鬼束の遺体が発見できれば目の上のたんこぶである国家公安員を一人排除することができる。もし遺体が発見できなくても、捜査の責任を取らせて前々から煙たいと感じていた右京をクビにできる。そんなどちらに転んでも自分に得しかない状況のため、副総裁の衣笠(杉本哲太)は捜査の許可を出します。

 

そしてついに鬼束の遺体を発見するために、三上宅の捜査が始まります。

重機で離れ家を壊します。このシーンは圧巻で、本当に家を壊します・・・。

 

 

…そこにはなんと…

 

 

鬼束の遺体はありませんでした。

はい、今週はここまでとなります。

 

 

なんと第一話ですが、事件が解決せず!

来週も「相棒 season17」は拡大版で放送されるみたいです。

 

次回の予想

いやー、面白かった。

鬼束の遺体は離れ家にはありませんでしたが、どこにあるんでしょうか。

 

私なら一度捜索して何も出てこなかったと決まっている離れ家の跡地に遺体を移してしまいますね。
そこが再び捜査される可能性は限りなく低いので、完全犯罪です。

 

それに気づいた右京が再び離れ家を捜索して遺体を発見し、ギリギリのところでクビを回避する~といったストーリーになるのではないでしょうか。

 

相棒シーズン17第一話の出演キャスト

出演者は以下のとおり。豪華です。成宮君は回想シーンで登場しました。また、大木長十郎役の志水正義さんが、この回を最後にガンのため亡くなりました。心からお悔やみ申し上げます。

  • 杉下右京(水谷豊)
  • 冠城亘(反町隆史)
  • 青木年男(浅利陽介)
  • 甲斐峯秋(石坂浩二)
  • 甲斐享(成宮寛貴)
  • 角田六郎(山西惇)
  • 大木長十郎(志水正義)
  • 三上冨貴江(とよた真帆)
  • 鬼束鐵太郎(中田博久)
  • 鬼束祥(谷村美月)
  • 鬼束鋼太郎(利重剛)

 

コメント