相棒シーズン17第2話のあらすじ(ネタバレあり)犯人が予想と違って驚く!

スポンサーリンク

第一話で、死体を隠したと思い家を破壊しましが、何も出ず・・。まんまと罠にハマった右京と冠木、クビがかけての強行捜査だったので、絶体絶命のピンチに陥りました。さてどうなる??

相棒シーズン17

スポンサーリンク

前回のあらすじ

第一話のあらすじ&感想は以下の記事にまとめました。

相棒シーズン17初回のあらすじと感想。驚き!家一軒破壊する!!
待ちに待った相棒シーズン17。初回からぶっ飛んでました。数字が取れるドラマだけに、お金の使い方が豪快すぎるんです。なんと家一軒を建てて壊すという、むちゃくちゃな回でした。 相棒シーズン17、第一話のあらすじ(ネタバレ含む) テレビ朝日の大人気ドラマ「相棒 season17」が2018年10月17日から放送開始となりました。右京と冠城の特命係もついに4年目となり、さらにそこに3人目の特命...

 

相棒シーズン17第2話のあらすじ(ネタバレ含む)

右京さんはクビになってしまうのか!?

 

そんな「相棒 season17」第2話のあらすじと感想(ネタバレあり)をご紹介させていただきます。

 

第2話「ボディ~二重の罠」 あらすじ

右京が進退を懸けて臨んだ鬼束家の離れ家の捜索が空振りに終わり、退職はもはや既定路線になっていた。しかし、右京は“残務処理”という名目のもと、亘と共に捜査を続行。鋼太郎がいまだ手放せないでいる鐵太郎の携帯電話を足掛かりに、隠蔽に荷担している祥ら鬼束家の面々に心理的な圧力を掛けていく。ところが、「週刊フォトス」の楓子が、警察の横暴な捜査で家一軒が破壊されたというセンセーショナルな記事を掲載したことで風向きが変化。

 

「それでも国家公安委員として警察への信頼は揺るがない」という冨貴江のしたたかなコメントにより、警察は動きを封じられる。それと共に、右京は正式に辞表の提出を求められ、絶体絶命の窮地に。いっぽう、国家公安委員長である鑓鞍は、委員の一人である冨貴江の動向を静観していたが…!?

 

第2話「ボディ~二重の罠」 ネタバレ

鋼太郎は、冨貴江に命令されて、鐵太郎の死体を、安全な離れの土台部分に移動させました。

 

そこコンクリートを入れる当日に、右京と冠城はそれに気づいて死体を見つけました。

 

元看護師で鐵太郎の後妻の祥は、冨貴江がクッションを使って鐵太郎を窒息死させたことを供述します。

 

しかし冨貴江は、鋼太郎がツボで頭を殴って殺害したと供述します。

 

 

しかし検死をすると、鐵太郎の死因は窒息死でした。

 

 

鋼太郎は冨貴江との不倫が鐵太郎にバレてしまい、鋼太郎と鐵太郎は口論をします。

 

次の日、鐵太郎の体調が悪化したので鎮静剤を飲ませました。しかし鐵太郎が倒れ、冨貴江に電話をすると彼女は慌てて家に戻ってきて鐵太郎を殺したということになります。

 

殺害疑惑をかけられて唖然とする冨貴江

 

 

その後、右京は行きつけのお店で飲んでいると、

「鋼太郎と祥が出来ている」と聞きます。

 

 

祥はアライグマを飼っていたそうですが、そのアライグマが見当たりません。

そうです、犯人は祥だったのです。

 

 

鐵太郎の死体にはアライグマの血が付いていました。

鐵太郎は頭を殴って殺されたように見せかけられていたのです。

 

祥は、飼っていたアライグマを殺して、その偽装工作の利用したのです。祥は、年老いた鐵太郎と結婚したものの、贅沢をさせてくれない鐵太郎を殺したいと思っていました。

 

 

鋼太郎は、祥をかばうために、自分が犯人だと冨貴江に言いました。
そして鐵太郎の遺産を巡ったお互いの利害関係が一致して、冨貴江は死体の処理を行ったのでした。

 

感想

まさか祥が犯人だとは思いませんでした。

しかも、トリックがアライグマの血を使った偽装工作だなんて…

 

こんなの予想できるはずがありません(笑)

 

 

そして全員が死体遺棄で逮捕されてしまいましたが、残された遺産はどこにいくんでしょうか…なんてゲスなことを考えてしまいます。

 

さて、なんとかクビを回避した右京さん

来週も右京さんの活躍が楽しみですね!

 

相棒シーズン17第二話の出演キャスト

出演者は以下のとおり。とよた真帆さんの演技力と、ひょうひょうとした中田博久さんの演技のなか、まさか谷村美月さんが実行犯だとは・・。見事でした。

  • 杉下右京(水谷豊)
  • 冠城亘(反町隆史)
  • 青木年男(浅利陽介)
  • 甲斐峯秋(石坂浩二)
  • 甲斐享(成宮寛貴)
  • 角田六郎(山西惇)
  • 大木長十郎(志水正義)
  • 三上冨貴江(とよた真帆)
  • 鬼束鐵太郎(中田博久)
  • 鬼束祥(谷村美月)
  • 鬼束鋼太郎(利重剛)

 

コメント