大恋愛8話のあらすじ感想。進行する尚の病気。そして尚に近づく松尾公平

スポンサーリンク

大恋愛8話は小池徹平くんが演じる松尾公平が抱える闇についてスポットがあたります。あらすじと感想まとめます。ネタバレも含むのでご覧になられる方はご注意くださ。今回は、松尾公平は、尚と同じ若年性アルツハイマー病だったのです。妙な親近感を覚えた松尾は、尚にストーカーまがいの行為に及びます。

スポンサーリンク

大恋愛8話のあらすじ(ネタバレ含む)

8話の出演キャスト

おもな出演者は以下のとおり

  • 北澤尚(戸田恵梨香)
  • 間宮真司(ムロツヨシ)
  • 井原侑市(松岡昌宏)
  • 松尾公平(小池徹平)

 

あらすじと感想

家には張り紙が増えました。病気が進行しているようです。でも、真司はそんなことなど気にしていない感じです。

尚は子どもを作るのに頑張ると決めました。さすが産婦人科医です。妊活には詳しいからいろいろ作戦を考えているようです。食べ物やタイミングなど妊活にはいろいろありますから。

 

侑市は公平の診療をし、尚のスピーチ映像を見せました。公平はやったことを覚えていないような素振りです。病気のせいにするつもりなのでしょうか。侑市が転院をすすめても拒否です。

 

尚は薫に子どもを産むことを伝えます。反対さえると思っていたがすんなり受け入れてくれました。尚と柚香は好きな人がいると考えました。好きな人がいると変わりますからね。

 

公平は尚の後をつけ、スーパーで声を掛けます。ほぼストーカーで怖すぎますね。
侑市は薫のところに行き、あの映像を見せ公平に注意をするように伝えます。公平の行き過ぎた行動がこの先心配です。

 

尚が帰ると、真司が忘れたスマホを取りに水野が家に。この行動はいきすぐではないのかな。尚も気にしてしまいますね。

 

侑市と薫は一緒に飲みに行きました。侑市はめずらしく弱音を吐きますが、薫は侑市を頼りにしているといいました。尚の病気のことを気にしているのですね。

 

真司が仕事から帰ると寝ている尚を起こしてしまいました。今日は様子を聞くと、クリニックとスーパーに行って、帰ったら女の人がいた。やっぱり気にしていたのですね。そして、続編のタイトルを聞いて嬉しそうにしました。でも、公平と会ったことを話さないのはなぜなのでしょう。

 

真司の仕事は忙しくなり水野と家で打ち合わせをしていると、尚の続編のタイトルが聞こえました。聞いていたはずなのに何か寂しそうです。もしかして忘れてしまったのでしょうか。

 

尚はまた公平とお茶していました。公平の話は普通の人とは対等でいられないなど、会話に悪意を感じます。尚を洗脳しようとしているようです。

 

真司は尚が公平と会っていたことを知り尚に聞きました。心配するあまり、公平の今までしたことも言ってしまいました。尚に過保護になる真司に、尚は対等じゃないと怒って出て行ってしまいました。真司が電話をかけると電話は冷蔵庫に入っていました。尚の病気は進行しているのですね。

 

出て行った尚をストーカーのようにつける公平。もうその行動が怖すぎます。偶然よそおい尚に声を掛け車に乗せそしてコーヒーを渡します。その中には睡眠薬が入っているかも。尚は飲んでしまいました。睡眠薬を盛るなんて犯罪ですよね。

 

そして公平は、真司に電話をかけ神社に呼び出します。公平は尚が同じ病気だから一緒にいたいだけだと思いますが、やり過ぎです。真司が挑発する公平を殴ろうとしたとき、尚が「やめて」と叫びました。尚はあのコーヒーを飲んでいなかったのです。寝たふりをして公平の様子を見ていたのでしょうか。尚も公平の行動に何かを感じていたのですね。

 

真司が小説に自分のことを書いてくれるのは、尚にとっては嬉しい事で、それは真司にしかできないことだと言いました。この病気はすべて忘れてしまうから、公平も忘れてと尚は言いました。公平のしたこともきっとすぐに忘れてしまうのかもしれませんね。

 

尚と真司はやはりお互いに必要としているのですね。「尚といると疲れる」と嬉しそうに言う真司と、「疲れさせてあげる」という尚の仲の良い感じが嬉しく思いました。ベッドでじゃれ合う2人なら子どももすぐできますね。病気は進行しているけど、尚には周りのサポートがあるから大丈夫だと思います。

 

公平という存在で、よりお互いの気持ちが確かめられたように感じました。次回は、病気が進行し尚と真司はどうなっていくのでしょう。でも、この2人なら何があっても楽しく暮らしていけそうな気がします。侑市と薫の関係も進展があることに期待です。

 

 

コメント