リーガルV1話のネタバレ感想&あらすじ。アンジャッシュ児嶋一哉の痴漢冤罪事件

スポンサーリンク

主演の米倉涼子さんが演じるのは、元弁護士の小鳥遊翔子。第一回目は、メンバー集め。大物ぞろいでびっくりです。そんな中、痴漢冤罪の仕事が舞い込みます。

リーガルV

スポンサーリンク

リーガルV1話のあらすじ(ネタバレ含む)

おもな出演キャスト

おもな出演者は以下のとおり

  • 小鳥遊翔子(米倉涼子)
  • 青島圭太(林遣都)
  • 京極雅彦(高橋英樹)
  • 大鷹高志(勝村政信)
  • 伊藤理恵(安達祐実)
  • 芳野明(三浦翔平)
  • 馬場雄一(荒川良々)
  • 天馬壮一郎(小日向文世)
  • 海崎勇人(向井理)

 

あらすじと感想

「資格がなくても人を助ける」

 

リーガルVは、第1話から痛快なストーリでした。冒頭から笑わせてくれます。

 

大手法律事務所に所属していた小鳥遊翔子は、(まだ、真相は謎に包まれていますが)弁護士資格を剥奪されてしまいます。

 

しかし、大学を退官したペーパー弁護士である恩師 京極雅彦を説得して法律事務所を開業し管理人となります。

 

 

京極法律事務所には、気の弱いヤメ検弁護士 大鷹高志、かつて翔子が大手法律事務所時代に不採用にした若手弁護士 青島圭太、横領前科有り元銀行員や、ストーカーの元警備員をパラリーガルとして採用します。これも、弁護士資格を剥奪された翔子ならではの発想ですね。

 

 

京極法律事務所の最初の仕事は、青島が持ってきた、君島化学部長 安田(アンジャッシュ児嶋一哉)の痴漢冤罪事件です。

 

 

痴漢冤罪事件を無罪にすることは難しく、翔子も最初は売れない弁護士がやるクズ案件と示談をすすめます。

 

 

安田が、大手君島化学の会社員で巨額の特許を開発した社員と知り、手のひらを返すように弁護を引き受けます。

 

 

君島化学の顧問弁護士は、かつて翔子が所属していた大手法律事務所のエース弁護士の海崎(向井理)です。

 

 

最初は形勢不利でしたが、痴漢被害を訴えた 三島麻央を調査し、水商売のアルバイトをしていたことを掴み、麻央に偽証罪は罪であることを告げて揺さぶるのです。

 

 

法廷では、翔子が鉄道専門家として証人となりますw。被害者の三島麻央の証言を次々と崩し、怖くなってきた麻央は、泣き崩れ被害を取り下げるのです。

 

 

弁護士資格のない翔子が、どうやって裁判に絡むのかと思ったら、鉄道専門家として証言するなんて、現実では考えにくいように思いますが、美しい容姿にブランド好きでありながら、鉄道が大好きというギャップも面白いです。

 

 

そして、痴漢の罪を無罪にしただけで終わる翔子ではありません。君島化学の役員に、社員の不当解雇に対する損害賠償請求100億の書面を送りつけます。

 

 

そして、安田に嫉妬した同僚が50万円で痴漢事件を捏造させた証拠をつかみ、特許をめぐる社内内紛を暴露すると脅すのです。

 

 

結局、痴漢は無罪、加えて、組織に裏切られた社員の報復戦で、君島化学から和解金3億を勝ち取り、2割の報酬6千万を得ることに成功します。

 

 

先輩検事や判事に恐れをなして弁護を降りた大鷹高志に、現役ホストの茅野明もパラリーガルに加わり祝杯をあげます。

 

 

自由奔放ですが、弱者を救う翔子に、胸がすくようなストーリーでした。

 

 

エンドロールで流れた、主題歌SEKAI NO OWARIの『イルミネーション』もドラマを盛り上げています。

 

 

2話以降も非常に楽しみなドラマがスタートしました。

 

コメント