スキャンダル専門弁護士QUEEN5話のあらすじ&感想。遠野なぎこ&デビット伊東がゲスト出演

スポンサーリンク

辛口で人気のコメンテーターの木村よう子が落ち目になったタレントの夫の中山昌平と離婚したいと鈴木法律事務所を訪ねて来る事から物語は始まりました。

 

木村よう子を演じるは、遠野なぎこ。中山昌平を演じるのは、デビット伊東。

お二人とも素晴らしい演技でした。

スポンサーリンク

スキャンダル専門弁護士QUEEN5話の再放送

以下のサイトより再放送しています。期間限定で無料で観れます。

スキャンダル専門弁護士を視聴する

前回のあらすじ

前回のあらすじ&感想は以下の記事にまとめました。

スキャンダル弁護士4話のあらすじ&感想【ネタバレあり】
今回は、子連れの女性議員問題、そしてタワーマンションの住人同士の問題、発達障害の子供の問題、これらが複雑に絡んだ事件でした。 芸人のアキラ100%が俳優として登場したのも見どころでした。演技も素晴らしかったです。 スキャンダル弁護士4話の再放送 以下のサイトより再放送しています。期間限定で無料で観れます。 ⇒スキャンダル弁護士を視聴する 前回のあらすじ 前回のあらすじ&感想は以...

スキャンダル専門弁護士5話のあらすじ(ネタバレ含む)

出演キャスト

おもな出演者は以下のとおり

  • 氷見 江(竹内結子)
  • 与田知恵(水川あさみ)
  • 藤枝修二(中川大志)
  • 東堂裕子(泉里香)
  • 鈴木太郎(バカリズム)
  • 真野聖子(斉藤由貴)

キャスト相関図

スキャンダル専門弁護士 QUEEN - フジテレビ
スキャンダル専門弁護士 QUEEN - オフィシャルサイト。毎週木曜よる10時放送。竹内結子、関和亮、ノンストップ・エンターテインメント!

あらすじと感想

このドラマは至る所に伏線を張り巡らせているドラマで先を読ませないので、きっと今回も最後まで分からないだろうなと感じながら見ました。

 

氷見は得意の情報操作で週刊文新の東堂裕子によう子がDVを受けているとリークさせて簡単に解決すると思っていたら、中山がネット配信で離婚とDVを否定され慌てはしましたが、頭の切れる氷見はよう子に事情を聞くと、すかさずボディーガードを事務員の真野聖子にさせました。

その真の目的がよう子の本当の狙いを探るためだった展開はさすが氷見と、見ていてその危機管理対処の対応力にまたまた今回も感心して見ていました。

 

その過程で1話で登場したミナトテレビの深川に中山の事を氷見達が聞き込みしていましたが、週刊文新に転職した最初のクライアントの東堂裕子もレギュラーとして登場しますし、ちょっとした役のキャラクターでも以前出演したキャラクターがその後の話しにも時折登場する演出は、物語に深みが出ます。ドラマの中の世界の人物関係や相関関係もハッキリとして分かりやすいですし、面白いと個人的に感じていますのでより楽しく見られました。

 

その後、藤枝が中山を盗撮し、女性と浮気していると分かり、よう子も浮気していた展開となりました。その後更に裏工作を説明する様な回想シーンになり、よう子が実は夫に取り入り金を巻き上げようとしていた神田貴理子という拝み屋の女性から救う為に今回の離婚騒動を起こしたと分かる展開でした。

 

その正体を氷見が見抜いた所は、5年前に国会議員(アズマリョウスケ)の政策秘書を氷見がしていた事が前回分かり、その伏線から政界の人物もこの神田貴理子に被害にあっているとの細かいストーリー設定に繋がり、よく考えられているなと感じらて自然にドラマに入り込めた気がしました。

 

その後、真野が得意のパソコンスキルを使い、インサイダー取り引きをこの女性に仕掛け、神田貴理子を警察に逮捕させ、よう子と中山を元の仲の良い夫婦に無事戻し解決しましたが、毎回氷見を助ける様に水面下で秘密裏に動く真野聖子という女性の驚くべきスキル能力や人脈の広さにも氷見の過去の秘密と同じぐらい興味があり、一体この二人は何者だ?と今回見ていて更に興味津々となりました。

 

ソレと普段は何もしない副所長の鈴木ですが、この人物も氷見の過去を知っていると匂わせる氷見との会話シーンが終盤にあり、今後の展開に影響する伏線かも?と深読みしてしまいました。そんな所まで気になってしまう作り込まれた設定のあるこのドラマに、今回もスッカリ引き込まれて楽しく見させて貰いました。

スキャンダル専門弁護士の再放送

5話を見逃した方は、FOD(フジテレビ・オン・デマンド)から見る事ができます。

FODは期間限定で見逃し無料。1ヶ月無料お試しで見れます。これを上手に活用するのもアリですね。

コメント