僕の初恋をキミに捧ぐ5話ネタバレ!事故でも無事だった繭、そして逞からの告白とキス

スポンサーリンク

4話で繭が交通事故にあい、病院へ駆けつけるシーンから始まります。

5話はようやく逞からの告白とキスシーンが!!。

僕の初恋をキミに捧ぐ、5話のあらすじと感想をまとめました。

スポンサーリンク

前回のあらすじ

前回のあらすじ&感想は以下の記事にまとめました。

僕の僕の初恋をキミに捧ぐ4話のあらすじ&感想。照が病死する&繭と先輩が付き合う
僕の僕の初恋をキミに捧ぐ4話のあらすじと感想書きました。 4話は、繭にとっては恋敵だった照が、なんと亡くなってしまいます。 しかも、間接的にもきっかけは、逞のせいでした。 このまま逞と繭がくっつかと思うと、そうではなく、すれ違いでギクシャクすることに・・。 前回のあらすじ 前回のあらすじ&感想は以下の記事にまとめました。 僕の僕の初恋をキミに捧ぐ4話のあらすじ(ネタ...

僕の初恋をキミに捧ぐ5話のあらすじ(ネタバレ含む)

出演キャスト

おもな出演者は以下のとおり

  • 垣野内逞(野村周平)
  • 種田繭(桜井日奈子)
  • 鈴谷昂(宮沢氷魚)
  • 鈴谷律(佐藤寛太)
  • 種田穣(生瀬勝久)
  • 種田陵子(真飛聖)
  • 垣野内寛貴(児嶋一哉)
  • 垣野内えみ(石田ひかり)
  • 上原照(馬場ふみか)

キャスト相関図

テレビ朝日公式ページにて

 

あらすじと感想

逞の元に律から電話があり、ドライブに出かけた昂と繭が事故にあったことを聞きます。主治医の穣に心臓移植の話を聞いて、少し希望を持っていた逞だったのに。急いで病院に向かう逞ですが、すぐに繭を見つけることは出来ません。

 

そして、繭の赤いカバンを持つ看護師さんと、白い布をかけられたストレッチャーを見て逞は呆然としました。素直に引き留めることができなかった自分を責めているようでした。

 

そのとき、繭が現れました。繭を抱きしめる逞は、きっと安心したに違いありません。今度は、繭を話してはいけないと感じたはずです。

 

逞は、このことで繭に素直に気持ちを伝えられホッとしました。むかしの、逞と繭のように戻れるような気がしました。

 

文化祭で、逞と繭のクラスは喫茶店を営業。2人とも仲が良く、律たちも安心しているようでした。そこに昂がやって気ましたが、昂には繭の気持ちはもうわかっていたようです。最初からわかっていただと思いますが。

 

逞と繭たちは、スキー合宿の話をしていました。今回は、逞も一緒に行きたいを考え主治医の穣に相談することに。穣は、“心臓病患者がやってはいけないことリスト”を厳守できるか聞きます。でも、それ以上に繭と逞の関係の方が気になっているようでした。繭とのことも、遠回しに注意するところが父親なのでしょうね。

 

逞の母・えみはスキー合宿には反対です。繭と一緒にいると、逞が無理をしてしまうことがわかっているのでしょう。でも、父・寛貴が逞の気持ちを考え進めてくれました。

 

逞は、みんなとスキー合宿に参加できることになりました。逞は見ているだけですが、繭を見ているだけで幸せそうです。スキーをする姿を、想像するくらいしかできないのですね。

 

繭は、一緒にいるだけで楽しそうです。2人で、星を見ようという繭は子どものころと同じですね。むかし、2人で星に願い事をしたあの時を思い出しているのでしょう。でも、逞には悲しい思い出なのかもしれません。

 

雪の中、逞と繭はデート。倒れたときに、キスをする繭は積極的ですね。ふざけながらも、逞は嬉しそうです。このまま、時間が止まればいいのにと思うくらい幸せそうでした。

 

でも、逞の病状は待ってはくれません。えみの手伝いで、ごみを出しに行くと胸の苦しさを感じたようです。

 

逞は、主治医の穣に言われたことを思い出し不安に。

えみも、逞の様子に気づきます。繭からの「助けて」のメッセージを見て、助けに行こうと出かける逞。この体の状態では、心配です。

 

やっと、逞と繭に幸せな時間が戻ってきました。

ほんとに仲の良い2人が、本来の姿なのですね。

 

でも、逞の心臓にはタイムリミットがあります。

心臓移植をすすめるということは、移植でしか助からないということなのです。

 

それが、心臓病の現実なのだと思うと悲しいですね。

逞と繭には幸せな時間を過ごして欲しいですね。

 

コメント