ドロ刑3話のネタバレあり感想&あらすじ。斑目、潜入捜査する。寛一郎、小山力也が登場!

スポンサーリンク

ドロ刑3話はハッカー集団への潜入捜査。名探偵コナンで、毛利小五郎役の小山力也さんが、犯罪組織のボスとして登場します。

スポンサーリンク

ドロ刑3話のあらすじ(ネタバレ含む)

出演キャスト

おもな出演者は以下のとおり。

13係

  • 班目勉(中島健人)
  • 煙鴉(遠藤憲一)
  • 勝手田利治(丸山智己)
  • 皇子山隆俊(中村倫也)
  • 鯨岡千里(稲森いずみ)
  • 小平美希(石橋杏奈)
  • 左門陽作(板尾創路)
  • 細面隆一(野間口徹)
  • 宝塚瑤子(江口のりこ)

ゲスト出演

小山力也さん、かなり気合入ってます。悪役もイケますね。

  • 石森(小山力也)
  • 河原順平(寛一郎)

 

そして、河原順平役の寛一郎くんは、佐藤浩市さんの息子!。リアルでも中島健人くんと仲良しらしいです。

 

あらすじと感想

班目は犯人の逮捕に貢献をしたため、勝手田から自分の「後継者」にされて指導を受けることになってしまいます。

 

班目は捜査とは無関係の雑用をさせられてうんざりとします。

 

また皇子山の下にいる希美は、流行りの泥棒を捕まえるためには、「流行りの店に行く必要がある」とよくわからない理由で毎日フレンチ店に連れていかれ、辟易していました。

 

そして、電子キーで守られている金庫がハッキングされて金塊が盗まれるという事件が起こります。

その事件で使われた暗号解析技術の開発者の河原は、自分の仕事に対して迷いを持っていました。

 

ある日、班目は犯人とは知らずに河原と意気投合します。

そして河原は、そうとは言わずに班目を窃盗団に誘います。

 

河原が窃盗団の一員と知った班目、煙鴉は「潜入捜査をして窃盗団逮捕に貢献しろ」と言います。

潜入捜査をする班目ですが、意気投合した河原をだましているようで気が乗りません。

 

窃盗団を一網打尽にしようとしていた当日、窃盗の実行犯は全員が初対面でした。これは末端の人間が捕まっても組織の幹部まで足が付かないようにするためです。

 

金庫のセキュリティを解除して、金塊を盗もうとしたその時…

13課の捜査員たちが窃盗団のところに現れます。

 

河原は、殴られて気を失った班目を助けようとします。

そして2人は金庫の中に閉じ込められてしまうことになりました。

 

時間が経てば2人は酸欠で死んでしまうという大ピンチに陥ります。

そこに皇子山から事情を聞いた煙鴉が現れ、金庫を次々と開けていきます。

金庫から解放された河原は13課の捜査員に逮捕されます。

 

しかし、河原は暗号解析技術を開発しただけなので大きな罪にはなりませんでした。

 

金庫を次々と開けていった煙鴉は、皇子山にその正体を疑われますが、

それを上手に切り抜けてその場から立ち去ります。

 

その後、河原は釈放され、システムを操作していたおかげで窃盗団の幹部の逮捕につながりました。

 

感想

皇子山は煙鴉の正体に近づきつつあります。

第4話以降もどんどんとその正体に近づいていくでしょうから、

 

煙鴉vs皇子山の戦いも見逃せませんね。

しかし煙鴉のような泥棒が捜査に協力してくれている班目はどれだけ恵まれていることか。

 

煙鴉の正体が周囲の人間にバレた時、班目がどうふるまうかも気になりますね。

 

コメント